先輩たちの声5:加工品事業部 企画開発チーム

七戸 由香里 (2009年入社 入社6年目)

社員画像

出身校:東京農業大学 生物産業学部 生物生産学科
チキン製造本部 加工品事業部 加工品工場 企画開発チーム

現在の業務の内容について教えて下さい。

 ジャパンファームの加工食品は、加工品工場とジェーエフフーズ(ジャパンファームが100%出資する加工食品製造会社)の2つの製造工場で作られています。そこで製造する商品の設計開発が私の業務です。まず、ニーズや目的に合わせてレシピを決め、目標とする商品のサンプルを試作します。そのサンプルを顧客へ発送し、要望やコンセプト通りの商品となっているか品位を確認してもらいます。採用となればラインテストし、製造現場への落とし込み、品質に問題がなければ製品として製造していきます。  また、原価試算書(製造にかかるコストはいくらか?)や規格書(どのように作る商品か?)などの書類作成業務、お客様へ商品プレゼンを行い自社の商品を知って頂くことも開発の大事な業務です。

試作品

この仕事のやりがいを教えて下さい。

 開発は、工場ひいては会社の業績に影響をもたらす重要な役割だと思っています。プレッシャーもありますが、目標とする味に到達した時や開発した商品が製品化した時はやりがいを感じます。

チキン

仕事における将来の夢をお聞かせ下さい。

 信頼される人になることです。以前、上司に“部下は上司を映し出す鏡”だといわれたことがあります。仕事のやり方・進め方、仕事に対する考え方・姿勢等、上司が思っている以上に部下は上司を見ていて、知らず知らずのうちに影響を受けているので似てくるというもの。部下に対し仕事ができないと評価するということは、自分も仕事ができないということだと。そんなお考えからか、その上司は親身に仕事を教えてくれ、チャンスを与えてくれ、成長させてくれました。信頼でき、ついていこうと思えました。私も自分の部下や後輩にそう思ってもらえるような存在になりたいです。

就活における企業選びのポイントは何ですか?

 アグリ事業に興味があり、当社を選びました。
 祖父母が農業をしていたため、小さい頃から農業はとても身近なものでした。大学は農業大国である北海道で学びたいと思い、網走にある東京農業大学オホーツクキャンパスに入学しました。在学中、農家さんでアルバイトをさせてもらっていたのですが、この貴重な経験の中で感じたのは個人経営の難しさでした。機械の整備や資材発注、経営管理そして膨大な土地の管理を家族で行い、誰かが病気になれば代わりがいない状況・・・。それまでは個人で農業を経営したいと思っていましたが、考えは一転し、企業で大規模に農業をしたい!その中で農家さんの手助けをしたい!という思いに変わりました。そんな思いから”大規模に農業をしている企業”を中心に企業選びをしました。
 実際に配属された部署は希望通りではありませんでしたが、開発という仕事を任されたことを与えられたチャンスだと思い、頑張っています。

就活中、特に気をつけていたことはありますか?

 就活を本格的に始めたのは4年生の4月からでした。部活でカーリングをしていましたので、3月末までシーズンだったカーリングに全力を注いでいました(おかげ様で小さな大会で優勝できましたが・・・)。
 周りの友人が内定を貰い北海道へ戻ってくる頃、私はやっと就活のために実家のある東京へ帰りました。グループ面接等で一緒になった他の学生は受け答えも慣れているようで、圧倒的な差にとても不安でした。就活を始めたばかりと言うと、ライバルのはずなのに応援されたりもしました(笑)。
 準備が足りない中で、他の学生に勝てるもの・・・それは”勉強以外で経験してきたこと”をアピールすることでした。エピソードのインパクトには自信がありました。「東京出身なのに北海道へ?」「農家でアルバイト?」「カーリングってデッキブラシでシャカシャカするやつ?」・・・インパクトのある話で興味を持ってもらい、その経験の中でどう考え行動したかを話し、自分を知ってもらうよう心がけました。なぜ内定をもらえたのかは分かりませんが、それが良かったのではないかと思っています。短期決戦でスピード感を持って内定が決まりました。
 ちなみに私の就活期間は3週間です。

就職後の失敗談はありますか?

 新規商品立ち上げの際に、包装資材の発注が上手くいかず納入されませんでした。資材が無いと気づいた時は製造日当日。私が確認を怠ったために多くの人に迷惑をかけました。先輩方のフォローで何とか製造はできましたが、確認がいかに大切か痛感した出来事でした。

就職後の成功談はありますか?

 入社から約5年間は、エキス工場で開発を担当していました。エキス工場は、鶏肉を処理した後の「鶏がら(骨や鶏の足)」を原料として、チキンエキスやチキンオイル、ラーメンスープを製造している工場です。私が開発したラーメンスープが定番となり、売り上げが伸びていることや、開発したスープを使用して頂いているラーメン店がランキングで上位にランクインした時など、自分の作ったものが評価されていることが分かり、励みになります。加工品工場の開発においてもヒット商品が生み出せるよう頑張っています。

鍋
ページの先頭へ
.